明るいあした torizoh.exblog.jp

センスネーゼの王。イケてなくても生きていく!


by torizoh
プロフィールを見る
画像一覧

<   2018年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

連休です。…まだ4月ですよね?
今年はなんて暑いの?体がついていきません。
皆様お元気で、この連休を楽しんでいらっしゃるのでしょうか。

実家から戻ってきて、当日は水回りを中心に掃除をしたのですが、翌日は疲れて寝てしまいました。その後も最低限の掃除だけで片付けは進まず。ただ、スーツケースは無事にゴミに出しました。
最低限の掃除だけでなく、もう少し片付けたい。
なぜなら、実家を反面教師として感じてしまったからです。
その理由は、ちょっと長いです。

実家の様子を少し紹介。
母は掃除や洗濯など実に細かく、きちんと仕上げます。料理もうまいです。
ですが、片付けは…なんちゅーか、子供のころはそんなことは思ったことはなかったけど、下手なんではないかと最近は思い始めました(爆)。
下手な理由の一つはとにかく物が多い。これは無理です。難しい。
次に母の「マイルール」っていうのがあって、その通りにしないといけない。
これは私たちがいい加減にしたり端折ると、とても嫌がります。
物が多く捨てられない世代で、かつ「これでもか!」と最後の最後まで使い倒す母。
近頃は「捨てる」というとけんかになるので言わないようにしているけど、やっぱり実家にいるとムズムズしてしまいます。
ええ、物が多いと悩んでいるこの私がムズムズですよ。お前が言うな、ってやつです。


そんな実家のキッチンは…
f0116173_23193730.jpg
ま、普段こんな感じかな。
鍋を火にかけて料理中です。母に気づかれないように撮りました。
湯呑と水筒にお茶を入れたばかりで、これは持っていくのですぐにこの場所からはなくなるのですが、壁にはお玉などたくさんぶら下がっております。
別の角度から見てみましょう。



f0116173_23203748.jpg
水筒と湯呑は横に移動させてみました。
緑でバッテンしたお盆は普段ここに置いてないらしいのでこの部分は空くとしても、やっぱりいろいろありすぎです。
塩、砂糖、ゴマ、などがたくさんのビン類ですね。
洗い物の一部はざるに入れておいてあったり。
そして菜箸がたくさん。家族の箸がたくさん。
はかりは父のために常に出しておかねばなりません。ので仕方ないとして…
…すごく雑然としてるけど、おかーさん!これでいいのか!?

わかりにくいけど、下に布巾やトレーを利用した下敷きがあるのですよ。
これがすんごく面倒くさい!
料理中に塩や砂糖なんかがこぼれると、その敷物が本当に面倒くさい。
さーっと洗う、拭く、ってことができず、なんでかぴったり吸い付くように置いているから動かしにくい。
うきーーー!って私はなります。
なりますが、母に言うと「私が使うんだからほっといて」と怒られます。
母曰く、汚れるのが嫌だから下敷きがいるとのことです。全部適当なものを再利用したりでバラバラすぎて「使いにくいやないかい!」と叫びたくなるけど、母はそうではないらしい。

基本父と二人暮らしです。孫が一緒にご飯を食べるけど、「こんなに物いらんやろう?」と言いたくなるくらいぎっしり物があります。
いや「みつしり」と書くべきか。誰か呪っているに違いない。
「この世には不思議なことなどないのだよ、関口君」っていわれても、実家は謎がいっぱ~い。(京極堂を知らない人にはわからない話ですみません)

ある日魚を蒸し焼きにしようということになり、深いフライパンを私が手にしたら
「それは焼く専用だから、煮るほうはそっちを使って」と別の深鍋フライパンを指定されました。
もう一度言います。年寄り二人の生活で、孫が時々ご飯を食べるとしても、
なんでフライパンだけで6つあるのよ!!!!
「用途別」に細かく分けられ、使い方を間違えると叱られます。母の「マイルール」に則らねばなりません。



反対の方向を見ると、昭和のにほひがプンプンとする蝿帳があります。
その上は、またなぜか箸立てと7,8個くらいあるお茶缶とインスタントコーヒーなどがのっています。
ちなみにお茶は種類がみんな違います。うふふ。


f0116173_01423036.jpg


1~5の番号の説明をいたしましょう。

1はバラのマークの高島屋
2は近鉄百貨店
3,4は同じで、たぶんお菓子屋さん
5はお酒?

きれいな包装紙はこのように直接汚れないために敷くのが母の「マイルール」
…これ、どこかで見たような記憶ありません?
私が新聞紙を箪笥の上や、流しの下、靴箱などに敷くのは母の教育の賜物(爆)。
調理台でムズムズしたくせに、同じこと自分もしておりました。

でも客観的に写真にとっても見ると…あかんような気がしてきた…
埃や汚れないために敷いているんだけど、紙だからベロベロになったり破れたりするから、見た目はよくないですね。こまめに変えても常にそんな感じになりやすい。いっそスーパーやホームセンターで売っている敷物で統一すればいいと思うのだけど、このスタイル。
私も昔は売ってる敷物を使っていましたが、結局はこのスタイル、紙に戻りました。
ああいう敷物昔はロール状になってて(今は知らないの)端っこが丸まるのと、素材の関係で摩擦などで黒くなったり埃を寄せやすいのでやめました。結果、いつでも捨てられるきれいな紙になったんですね。私の場合はきれいな新聞紙、母は場所によって新聞紙と包装紙を使い分けているようです。

物がいっぱい、捨てられない。
紙を下敷きにする。
ああ…おかーさん、私も同じことするよ!いやだわ~~~

そうして、「帰ったら絶対もの捨てよう、片付けよう」と思ったんですよ。
ただ、当分は新聞紙やめられないと思います(笑)。

でもね、母はもっとすごいんですよ。
箪笥の上や荷物をカバーするのは当たり前で、
洗面所の棚、鏡の横に3段くらいついてるよく見るあのタイプですよ、あそこも一つ一つ包装紙サイズ合わせて敷くんです。
そしてトイレにも!
きれいに掃除しても、水洗のホース部分が結露しやすくて水滴がつくんです。
それで床の奥の方から20~30センチに包装紙が敷いてあり、その上にはちょこんとトイレ用洗剤が乗っています。
トイレの敷物はお大丸の包装紙(笑)。

この包装紙や新聞紙を敷くのはいいのですけど、毎回掃除のとき大変なんです。
物が多すぎて移動させながらチマチマ拭いては乗せ、どけては拭いてまた戻し…ってすんごく面倒。
面倒くさがりの私は物がないほうが絶対楽だと思いました。

ああ、ごめんよ、おかあさん。
その細かいところを掃除したり、お洗濯の予洗いや種類別に分けたり、物の並びや種類別や順番通り使わないといけないマイルールとかいっぱい大変だから、片付けまでパワーが残ってないのかもしれないね。
でも絶対物が多いんだって。多すぎると片付けても、ぐっちゃぐちゃになるよね。

今の私ならちょっとわかります。
でも、血は争えないというか習慣って恐ろしいというか、…とにかく怖いわ。
ちなみにこの敷物はその「マイルール」のほんの一例です。かわいい入門編ですのよ。
えええ~~?



こんなどうでもいい文章を長々と読んでくださった方、ありがとうございます。
お目汚し申し訳ございません。お疲れになったでしょう。
最後に美しい白鷺城でもみて、リフレッシュしていただきたいと思います。





f0116173_01441827.jpg

ああ、美しい。





センスネーゼの王でも頑張っております。
ポチっとランキングの応援お願いします。「片づけ」の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
 読んでくれてありがとうございます。

[PR]
by torizoh | 2018-04-29 00:39 | 片付け | Comments(4)
友達と遊び、実家によってしばらく滞在。その後家に戻ってきました。
出かけている間は気温がころころ変わり、着るものに苦労しました。
コートにストールも必要な日から、半そでのTシャツ1枚の日もありました。
結果日焼けして真っ赤になっています。そのうち黒くなってしまうんだわ…。
4月なのに真っ黒になりつつあるとりぞほです。

実家から戻るとき。
前の記事で1週間ほどの荷物を入れたカバンを紹介しましたが、実際はそれプラス1泊分くらい入るリュックのおかげで物が収まっていました。
いつも手でもつ(肩にかける)カバンを使い、ラクだと言われてもガラガラと運ぶスーツケースを避けていました。ですが、実家からあれやこれや物を持たされると、リュックとカバンでは収まりきれず、さらに野菜を入れた袋とお土産などの袋と…もう、手が何本あっても足りない状態になってしまいます。いつもは両手に持って帰るのですが、今回はとうとう親のスーツケースを借りました。
それでも野菜の入った袋も、もちろんリュックもあるのです。
どんだけ前回の記事は詐欺なんだと思うほどです。あれだけ身軽にコンパクトに見えたのはなんでだろう?と。リュック様様なのは確かです。
ありがたいけど野菜はいいからーと毎回親に言う、親不孝者でございます。

さて、そのスーツケース。
少なくとも10年以上前に母が買いました。
中はまだきれいでしっかりしているのですが、見た目はこんな風になっていました。
f0116173_22555634.jpg
遠目?でみるとたいしてわからないかもしれませんが、白く見える部分がありますよね。
さらにアップでみてみますと
f0116173_23032371.jpg
赤の矢印で示したように、あちこち剥げています。
いわゆる劣化というやつです。ピンクゴールド?の部分が触るとボロボロ落ちてきます。
親も十分使ったし、もういいからということで、我が家にたどり着いた時点でお役御免。捨てることになりました。

私のスーツケースは前世紀のもの(爆)。つまり1998か99年頃に買った20年物のトランクで、ハードタイプの海外旅行1週間用と言われる大きなサイズです。それはコロが壊れて2度直しましたがまだ使っています。
スーツケースはかなり長く使えるものという私の印象が変わりました。
そうね、壊れるのね。コロは取り合えられるけど、ここは直しようがない。
なんでもある程度(期間)しっかり使えたらいいんだな、と思いました。

スーツケースを捨てるのは、自治体によって難しくなります。
たまたま今住んでいるところはこの小さいサイズは燃えないゴミに出せますが、電話して手続きしてごみのシールを購入してとなると、面倒になりますよね。
比較的ゴミに出せる自治体なので、ありがたいです。
今のうちに片づけをしないとなーと、改めて思います。

そして実家を見て、自分が母と同じであったことも感じました。そのことは次にでも書きたいと思います。

帰った日に水回りと掃除機と拭き掃除で力尽き、翌日は寝て過ごしたので、明日からはもうちょっと頑張りたいです。


センスネーゼの王でも頑張っております。
ポチっとランキングの応援お願いします。「片づけ」の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
 読んでくれてありがとうございます。


[PR]
by torizoh | 2018-04-25 23:30 | 片付け | Comments(0)
いい日が続いていますね。
片づけにぴったりの季節です。
でも全然進んでいません。
なぜ進まないかといえば、少し前からネットで映画やドラマを見て気が付いたら1日が終わっていたというダメ人間コースをまっしぐらだからです(笑)。見たいドラマがいつまでと書いてあるからそれまでに見ないと!と、変なところでまじめな自分が悲しいです。
なのにこの週末から友達と遊びに行き、その後実家に帰るという予定があります。
気持ちはそぞろに、焦るけど家事が進みません。

こういう時に限ってずっと予約待ちだった図書館の本が来たり、天気が急に悪くなったり、予定通りに進まない気がします。そんなこと言ってもやらないとどんどんたまります。やれることをやります。
*予約人数が多い本だけは読んで、読めない分は諦めてまた次に予約にする。
*留守中の旦那の食糧の確保。冷凍やレトルトなど。あとは好きに買って食べるらしい。
*普段できないものも洗濯をしておく。それで毎日シーツを洗ったりしているわけです。
*水回りの掃除。留守中、掃除をしてくれません。埃はともかく、水周りだけは最低限何とかしておきたい。どうせ帰ってきたらまたやらないといけないのはわかっているけど、ダメージは少ないほうがいい。
*自分の旅行(帰省)の準備 等々他いろいろ~

毎回面倒だと思いますが、仕方ないかと思います。
留守にすることの後ろめたさと(遊びに行くから)帰ってきた時の自分が少しでもマシになるように…と思うので(笑)。でも戻ってきたら家の中は十分汚れているので、あんまり効果ないかもしれません(笑)。
こんな風にするようになったのは、海外旅行に行くようになった時からだと思います。
一人遊びに行く後ろめたさと、万が一の時のことを考えてきれいにしておくこと、戻ってきたとき片づけが楽なように、そのときは働いていたので仕事の都合など。諸々先に片づけておかないと後が大変だと。
ある程度片づけて家を出るように習慣づいたのは、よかったと思います。
そのためにも普段から家をきれいに、片付ける習慣は大事です。
そうわかっていても、ギリギリまで動かないのが悪いところです(笑)

友達と遊んだあとに実家にも行くので、1週間くらいの服を用意しなければなりません。
友達と会うときはそれなりにキレイな恰好もしたいけど、実家では家でゴロゴロ。それも田舎。
特に今年は暑いので昼間は半そででもいいといわれますが、実家のほうは朝夕は冷えるので、たぶんストーブまだあるな。
これにすべて対応できる服をどう準備するか。
かばんは買い物バッグ程度の大きさです。
まず友達と遊ぶ時の服を用意します。それに長袖と半袖のTシャツと、シャツをプラスして実家用に。
ボトムスは2枚で。最初に日に着ている服プラス替え1枚。
トップスもシャツとカーディガンやセーターにして。重ね着できるように。
鞄に詰めてしまったので写真はありませんが(撮り忘れかつ、鞄はパンパンなのでもう出したくない)、この旅行用の荷物は勉強になります。
f0116173_16565571.jpg
50センチ物差しと一緒に。
…ちょっと離しすぎたか…比較の意味がないかも

化粧ポーチや洗面道具、貴重品などはリュックに入れます。入りきらないです。


動きやすくしわになりにくく、少しきれいめカジュアル。
難しいわ~。センスがないとつらいわー。

服の数を減らしたいと常々思っていますが、こういう時に今持ってる服が正しいのかどうか問われます。
いろんな条件に合うものを選んでいるのかどうか。
無駄に数だけあって、使えない服ばかりじゃないか…とか。
たぶんそれです・・・。センスがないのと、何より学習能力がないのでしょうか。

海外旅行の時も毎回組み合わせがイマイチで悩みました。冬~春に行くことが多かったので、着たきり雀でも構わなかったので何とかなったのです。セーター類は洗えませんし。寒さ対策が一番大事なことでしたから。
だけど今の季節、国内で、薄手からちょっと寒いかも~に対応は難しい。

戻ってきたら、掃除や片付けもですが、この組み合わせを中心に服の見直しをしたいです。
でも服の見直しの前に恒例の「点検」がやってくると思うから(例年の時期から判断)、部屋に広げるのはもう少し後になるでしょう。
週末雨らしく、傘の準備をせねば。
なんでずーっと晴天続きなのに~。日頃の行いが悪いのかと悔やみながら、でも気持ちは浮かれております。
戻ったら頑張るぞ。




センスネーゼの王でも頑張っております。
ポチっとランキングの応援お願いします。「片づけ」の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
 読んでくれてありがとうございます。

[PR]
by torizoh | 2018-04-12 17:30 | 片付け | Comments(0)