明るいあした torizoh.exblog.jp

センスネーゼの王。イケてなくても生きていく!


by torizoh
プロフィールを見る
画像一覧

台所回り

忘れてしまうのでメモ。
この夏は昼間本を読んでいる途中に、ウトウトと寝落ちすることが多かったです。
そのせいか思うように片付けや掃除が進みませんでした。以前は夏に大掃除をしていましたが、今は夏がどんどん暑くなりすぎたので真夏に動くのは避け、5月~10月くらいの間に少しずつ大物を掃除したり洗ったりすることにしています。
今年は早めに大物のほとんどを片付けたのに、なかなか換気扇だけは掃除する気が起こりませんでした。
やっと掃除したのは、8月もお盆が終わり実家から帰宅した翌日に。

久々の掃除で、中は埃も混ざってベタベタになっていました。
写真を撮る余裕もなく、黙々としっかり掃除をしました(当社比)。
分解し、中のファンをきれいにするのが毎度のことながら大変です。形がスポンジや歯ブラシでこすっても、すんなり落ちない形状だからです。
それよりも、ファンも外して換気フードの中をきれいにする方が大変だと思いました。

f0116173_21182386.jpg
掃除をした後です

何が大変かというと、この板を外しシロッコファンも取り外し、フードの中に手を入れて(頭も半分くらい入ります)あちこち拭くのですが、足元はここ。
f0116173_21331100.jpg
ガスコンロ


以前と違って新しくなりました。ガラストップです。
これ、割れやすいらしいです。交換の時作業員さんに言われました。
みなさんどうやって掃除されているのでしょうか?
私は椅子を前において、ガス台にも足をかけて(お行儀が悪い)中に手を伸ばして掃除をします。褒められた姿ではありませんが、今までもアクロバティックな姿で掃除をしてきました。そうでないと中に手が届かないし、きれいにできないのです。
今回は特に気をつけて掃除をしました。ガラストップを避けなくてはいけません。少しでも力が入るとメリメリいいそうで。決して全体重をかけて乗っているわけでなく、手で押さえて力が入っただけでもドキドキする時があるのです。
それもあって、掃除する気がなかなか進まなかったのかもしれません。
足元を気にしつつ、腰が悪い私には厳しい姿勢が続きます。これは、元気な時にしかできないなと改めて感じました。
換気扇掃除のついでに、下に汚れが落ちるのでコンロ回りと、向かいの吊り戸や冷蔵庫や食器棚の上の部分なども掃除しました。一度の換気扇掃除でその周りもきれいになるのですが、やる気がなかなか起こらないのがネックです。
翌日、全身に力が入ってつかれたのか、よりいっそうグーグーと昼寝をしてしまったのは言うまでもありません。

お盆明けに戻ってきたら、台所の水道が水漏れしているようでした。
以前から時々濡れることもありましたが、こんなにも水がたまる、漏れる、という具合ではなかったので驚きました。
f0116173_22144378.jpg
管理会社に連絡し、修理の手配をしてもらいました。
パッキンがダメになったようで、交換してもらいました。
今は水漏れもなく、快適に使えるようになりました。
近頃作業の前と後で「会社に報告するので」と写真を撮られることが多いのですが、すごく恥ずかしく感じます。こんなに世界に向けて「汚」を発信しているにもかかわらず、ドキドキするのです。

久々に作業の方が家に入ったので、ちょっと緊張しました。
普段から人が来ないとすごく大変なことに感じて、家の中をどうしたらいいのかと思ってしまうのです。

めったに来ないお友達、時々来てちょうだい。
それで家がきれい片付き、そしてドキドキ緊張もなくなるといいのにと思います。

まだ昼間は蒸し暑いけど、過ごしやすくなりました。
そろそろ片付け、やらねば。
そしてたまにがっつり掃除をすると、「ああ、掃除って(きれいになったから)きもちいい~」とまるでできる奥さんのように勘違いしてしまいます。この勘違いが続いているうちに、ほかの部分もきれいになるか、・・・な・・・?


センスネーゼの王でも頑張っております。
ポチっとランキングの応援お願いします。「片づけ」の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
 読んでくれてありがとうございます。


[PR]
by torizoh | 2017-08-29 01:19 | 片付け | Comments(0)