人気ブログランキング |

明るいあした torizoh.exblog.jp

センスネーゼの王。イケてなくても生きていく!


by torizoh
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

掃除と片付けの遠い過去

片づけや掃除をしなければという気持ちはあるのですが、暑いといってはサボり…じゃなく休み、なかなかエンジンがかかりません。が、そろそろやろうとしたら、この天気。台風が近づいています。皆さん大丈夫ですか?

しかしこれ以上サボるのも延期するのもなんですので、気になる換気扇の掃除をしました。
久しぶり、きっちりしっかりガッツリの2時間コース。
この前の掃除はいつやったのだろう?
すぐに忘れてしまうので、こうしてブログに覚書。

普段は平日の昼間、あるいは夕飯後の片付けも済んでから夜中にかけてにやることが多いのですが、今回は日曜日の昼間にやりました。
レンジフードを外して洗いたい気持ちはあるのですが、もしうまくつけられなかったら困るのでそこは我慢しています。ですのでレンジフードの中に頭を突っ込んで、手を伸ばしあちこち拭いています。そのため油や洗剤が落ちてこないように、頭には手ぬぐいを巻いているのですが、それを見た旦那「なにしてるの?ラーメン屋みたい(はっははーーー)」とのんきに笑っています。
…誰が掃除するの?
掃除をしていることに気が付いている?
ねぎらいやありがとうくらい言ってくれてもいいんじゃないの??
…ブツブツ…
この人、いつも家は勝手にきれいになってるか、あるいは汚れないと思っているようです。
んなわけ、ないじゃんっ!!!

旦那には本当にむかつくことばかりなので、やっぱり夜中にやろうかと思ったりします。

換気扇とコンロ、そして流し台、手が届きにくい上にある棚の扉、今回はオーブントースターも追加して掃除。これだけやったらまあいいか。
早めにお風呂に入って、ついでにお風呂もしっかりめに掃除して、その後洗濯もしました。ご近所様夜にうるさくてごめんなさい。

翌日、これだけでも疲れてしまいました。
なんて情けない。体力がないのと、普段たいしたことしていないのがバレバレです。

レンジフードの中での掃除は無理な体勢もあったと思うのですが、無事に掃除できてよかったです。腰って大事ですよね。体力がないのは情けないですが、腰痛持ちがこうして無事掃除できることはあり難いと思います。

あとはなかなか進まない片付けと捨て作業。
片づけは一生続くものだと思います。なので一度や二度で終わらないのは仕方ないと思うのですが、簡単にできるかどうかは自分次第です。
ある程度物を減らして作業を楽にすることは、可能だと思います。
残念なことに、この物を減らす、つまり要らない物を捨てる作業は私にはハードルが高いのです。思うように進まないし体力はいるし、物はいつも溢れんばかり。少し減ったと喜んでいたら、また気が付けば増殖している。ええ、ええ、勝手に物は増えないのはわかっているんですがね、どうしてもそんな感じに思ってしまいます。

それで、やらなきゃと思っても後回しになってしまうのです。
床に物が出しっぱなしで広がってなきゃいいかな、とか。
でも、最近友達が「捨て作業」をガンガンやってるという話を聞いて、私も気持ちが変わりました。その友達は作業の人に来てもらったら、なんと別の部屋に入ることになり、その部屋は物が山積みで滅茶苦茶恥ずかしかったと。
・・・そんなの、私もあったわよ…と遠い目
あれはトラウマになるわと思いますもん。
あれは…(遠い目)
私の場合、下の家が水が漏れていると急に作業の人が訪れまして。
作業するから見せてほしいといわれて、急遽洗面所の下の物を全部出して、中身は他の部屋に移動して積み上げまして。
すぐそばで作業の人が待ってるから急いで別の部屋に投げ入れたのです。しかし、どうも洗面所が漏れていたわけでなく、なんとその部屋の押し入れのところから管がそばにあるから管の方に問題があるかも云々で、その部屋の押し入れを見せてくださいと!!!
マジかよ!!
泣きましたとも。
その頃は結婚して数年でまだ今のように「捨て」ということを知らなかった上に、実家などからあれもこれもいろんな物をくれて、床に物は出てなくても、押し入れはテトリス並みの物がぎゅうぎゅう詰めでしたのよ。
その部屋はさっき投げ入れたものが散らばり、ぎゅうぎゅう満杯の押し入れから物を出して床に並べ、その押し入れを作業の人が見る…。
もう、なんかの罰ゲーム、拷問でしょうか。

そんなことがあったことを思い出しました。
その水管は押し入れ関係なかったような記憶もあったようななかったような(建物の外側だったりしたような…もう、覚えてないんです、いろいろな意味で(爆))

きっと心のどこかにこのことが引っかかって、未だに「件の警報機点検」が必要以上に苦手な気がします。押し入れもクローゼットの中も見られるし(警報機が付いてるから)。

もうあんなことはごめんです。
なので気持ちは、急に押し入れ開けても、扉開けても、どこを見られても「あんまり恥ずかしくない状態」にしておきたいと思うのです。
もっと「おっほっほー、どこでもご覧なさい」と高飛車に言えるくらいきれいにしたいし、そうすべきなのでしょうが、この「あんまり恥ずかしくない」というのが私ができる程度かも。

とにかく友達に触発され、私もやらねばと思っています。
気持ちはあるよ、ええ。気持ちは。


センスネーゼの王でも頑張っております。
ポチっとランキングの応援お願いします。「片づけ」の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
 読んでくれてありがとうございます。


by torizoh | 2016-08-29 22:44 | ご挨拶 | Comments(0)