明るいあした torizoh.exblog.jp

センスネーゼの王。イケてなくても生きていく!


by torizoh
プロフィールを見る
画像一覧

<   2016年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

この9月は雨降りが多くじめじめして、今朝見たらパンにカビが生えていました。約1か月の間で、これで3回目でした。
いくら保存料なしのパン屋さんのパンだといっても、多いような気がするのですが。大丈夫かしら?
とにかく秋らしいカラッとした天気が恋しい今日この頃です。


さて。父との終活についての続きです。
電話では、私の「書いといて」と頼んだ紙をなくしただの「知らん」だの、取り合ってくれそうな感じはなったのですが、いざ話し合いになったら、きちんと書いていてくれました。

*まず財産。財産なのか?というほどの物ですが、田舎なので土地と古い家があります。その権利書がどこにあるか知らないといろいろ困るので、確認は必要です。
あと銀行の口座とパスワード。口座もいくつもあると困るし、定期貯金の場合万が一の時は厄介になります。通帳と印鑑、実印も確認しました。ただし、印鑑はどれがどれかわからないというので(笑)、多分この中のどれかというアバウトさでした(笑)。
それから保険。生命保険や医療保険に入ってるかどうか。入院時に請求できるかどうか知っておくと違いますよね。うちは二人ともありませんでした。同時に保険証や年金手帳の保管場所も聞いておくといいと思いました。
他には父名義の物。実家では車ですね。
この辺りは相続した時の税金や、書類の提出などに必要なので、「事務的に確認」の姿勢で比較的てきぱきと進められました。

*そして入院した時、もう治らないとなったらどうするか。延命治療を望むか、否か。
またお見舞いに来てほしい人がいるか、お葬式に呼びたい人などの確認。このあたりの話は少し重くなりますね。そしてお墓について。これはお墓の管理も知ることができてよかったです。

*遺産相続について。先ほど書いたようにたいして財産はありませんが、父は母に全部譲りたいから私たち姉弟に放棄するようにとのこと(笑)そう思って何年か前に遺言状を書いたと言われました。そして、趣味の庭中埋め尽くす植物は私たち姉弟は世話もできないので、全部枯らしてもかまわないとのこと。少し安心しました。ただ、そうなる前に趣味のお友達が欲しいといったら渡してくれたらいいともいわれました。

あとは今時のネットについての確認ですね。
父は倒れた後病室で「実はオークションが…」といって私と弟を凍らせ、その場をドン引きにした実績があります(笑)。
ですので、ネットのアドレス、パスワードにネットでの支払いについても確認しました。これも事務的に聞けました。

*そしてしておきたいことなど、希望などの話
これははっきり言って胸が一番痛かったです。
私は例えば体が動くうちに旅行に行きたいとかそういうことを言うかと思っていたのですが、全く違いました。
特に言い残すことはないが、みんなが仲良くできない事は親として辛い。面倒みたくないならさっさとそういう施設に入れてくれたらいい、年取って汚く惨めな思いだけはしたくない(それまで自分たちは祖父母たちにはちゃんとしてきたが、そんなことを子供世代に求めるのはダメなんだろう。そんな何とも言えない気持ちがにじみ出ていました)と、話す方も聞いてる方も胸がえぐられるような思いでした。実際仲が悪いわけではありませんが、年を取って粗末に扱われるのは嫌だということだと思います。
多くは語りませんでしたが、特に母の気持ちが痛いほど伝わって、こんな話し合いは二度としたくないと思いました。

親と財産や老後や死後の話は、はっきり言ってやりたくありません。
気分的にすすまないし、親の死を待っていたり財産を狙っているように思われるのも嫌だし、またそういう話は死んだ時を想定してしまい、お互い話しにくいですよね。
ですが、いくつかは事務的に進めることができてよかったし(万が一の時の確認という感じで)、私たちが知らなかったことがわかってよかったこともあります。

そして重い話でしたが、親の気持ちや、お葬式についての考えや呼びたい人の連絡先などを確認できたことはよかったと思いました。
弟も私も、こんなことは何度もしたくないから、今、知っておくことは教えてほしいという姿勢で話しをしました。何度もしたくないという気持ちが全員にあったので、全部ききにくいことも(例えばパスワードとか)突っ込んだ話も確認できたのだと思います。
もちろん、何をどれだけの情報を共有すべきで、何を確認すべきかを全部わかっているわけではないので、ききそびれたことがあると思います。緊張していたので、確認したけど頭からすでに抜けてしまったこともあるかもしれません。ですがそういう一部分だけなら、また聞けそうな感じが今回の話し合いをしたことにより、できそうな気もしました。

あと親に対しての気持ち、特に母に対しては、もっと大事にしてあげたいと思いました。
あ、父にもですけど…(爆)
ちょっと精神的にはきついこともありましたが、一度確認をすることはいいと思います。

だけど。
一応最後に、家の整理について確認したら、父は「全部いるものだけ残したから。もうちゃんとしてある」と言いいました。その前の問いが「しておきたいこと・いっておきたいこと」を聞いてしまったために、このことについては深く追及できませんでした。
ほら、家族みんな心がジーンとしている時でしたので。
直前の母のセリフは胸をぎゅっと締め付け、親を大事にしなきゃと思ったのですが…。
次の最後の問に対しての父のセリフは「ほんまか!?いらんものたくさんあるじゃないか!あれもこれも捨てたいのだけど!ガラクタもまだ残ってますけど!!」という私の言葉をぐっと飲みこませてしまいました。
質問の順序間違えたかも…。

終活の話は一度持った方がいいです。
事務的に確認できることだけでもやった方がいいです。
でも決して、決して「汚屋敷」に関しての質問は、感情が乱れてしまった後にしてはいけません。
突っ込みたくても突っ込めず、片付かないかもしれないから…。
うーん。



センスネーゼの王でも頑張っております。
ポチっとランキングの応援お願いします。「片づけ」の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
 読んでくれてありがとうございます。

[PR]
by torizoh | 2016-09-28 00:18 | Comments(2)

なぜそこに!?

父との終活について続きを書こうと思っていたのですが、延び延びに。
まあ…ブログ読んでくれる人がいるかどうか謎ですし。何よりもお目汚しだけどな。

その前に「例のあいつ」がいたんですよ!!
黒くて「G」と呼んでるあいつです。
それも、なんと、なんと
私の趣味の(と言い張るのが大事)道具、洗濯機の中に!!
もうびっくりですよーーー(泣)

死んでいましたが、何故洗濯機の中なのか。どうして入った?
そしてそいつは、お盆の帰省から戻ってきたときに出くわした「あいつ」なのか?はたまた別人なのか?まだまだ仲間はいるのか?
いろいろ疑問がわいてきます。

今年の9月ってお天気悪いんですよ。台風や雨が多くて。
で、その日は少し晴れ間が出てる日だったんです。いまだ洗濯!と、水を入れ、さて洗剤を入れましょうかって蓋を開けた時に「あら?何あの黒いの?・・・!!!!!」みたいな感じでして。もう、ぐったりです。
洗濯したかったのに、その前に洗濯機を掃除しなきゃいけなくなって。貴重なお天気が~~時間が~~。泣きました。溜めた水を抜いて、死体を取り除き、そしてそのあと洗剤を入れて洗い、ハイターもいれまして、そして最後は洗濯機にお湯をかけてしまいました。日本の洗濯機、お湯はダメなんですけども。ええ、知っているんですがね。ええ、熱湯を…。

こんな感じで9月はいろいろと、片付けや掃除のやる気がそがれます。
雨だしなー。でも、少しずつでもやっておりまして、ぼちぼち頑張っています。
早く晴れた日がこないかなー。


センスネーゼの王でも頑張っております。
ポチっとランキングの応援お願いします。「片づけ」の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
 読んでくれてありがとうございます。


[PR]
by torizoh | 2016-09-23 07:14 | 片付け | Comments(0)
少しは朝晩涼しくなってきたように思います。
片づけの方もボチボチとやり始めました。
が、あまり進んでいるように感じないのは何故でしょうか。

さて。随分前になりますが、春に実家に帰った時、父とバトルになりかけた「終活」
その後放っておいたわけではないのですよ、ええ。

お盆に帰省の、2週間くらい前に電話をしました。
こんな時に限って母が留守で、いきなり父と話をすることになるのですね(爆)
そういうもんです…。
私「お父さん、○日に帰るから」
父「うん分かった」
私「それで、前私が書いた紙、あれ、ちゃんと書いてくれたかな?」
父「…おまえどうでもいいことは覚えてるな」
そんな感じで会話が始まりました。

ここで負けてはいけないと思い、畳みかけるように会話を進めることにしました。
私「それと同じ内容をお母さんにも書いてほしいのよ」
父「……。」
ヤバい!嫌~なムードが電話から伝わってきます
父「さあな…、紙、どっかいった」
嘘つきやがれ~!と思うけれど口には出さず、淡々と話を進めていくワタシ(爆)
私「お母さんにもちゃんと書いてもらって。それで○日帰った日に、弟と4人で話するから」
父「…しらん」
私「もう一回いうけど、○日にそのことについて話しするから、あの紙も一緒に。
ちゃんと二人とも書いといてよ!お母さんにも伝えといてよ!」
父「…。まあ言うとく」

そんなやり取りでして…。
不安がいっぱいです(いろんな意味で)。

弟とは春に帰った時話しをし、こういうことは一度話し合うことが必要だということで意見が一致していました。私が紙に書きだしたものを渡しましたがすぐに返事をもらうことはできず、その話は立ち消えになりました。が、私は忘れていたわけでもなく、絶対一度はしないといけないと思っていたので、お盆に続きをすることにしたのです。
先に弟には連絡を入れ、「○日の夕方に帰るから、そのあと親子4人で話をするつもりだから」と伝えてありました。

丁度1年前に父が急に倒れまして、病院に着くのがもう少し遅かったら、今年のお盆は「一周忌」だった、なんて笑えない話が実際にあったんですね。
それまでどこも悪いところはなく、倒れる2~3か月前に健康診断を受けて問題もなかったらしいのです。
ですから、人生いつ何が起こるかわからないと思いましたし、万が一に備えて考えなければいけないとも思いました。
運よく命は助かったとしても、もし父が意識が戻らなかったり、話すことができなかったり、後遺症が残ったりしてたら、「実家」についてわからないことがたくさんありすぎて、万が一の時は困ったと思うんです。
以前と同じとはいきませんが、ほぼ同じように暮らせるまでに元気になった今だからこそ、いろいろみんなで話し合う必要があると思ったのです。

因みにどのようなことを紙に書いたかというと、「終活」や「親片」などの本を参考にしました。筆者が困った事や、知っておくべきことなどを書かれていたのを参考に、私が紙に書きました。
*単純に書類に関して。家の登記や、預貯金、保険、書類の有無、置き場など
*命にかかわる病気をしたとき、治療や、見舞いや葬式に呼びたい人、お墓のことなど
*財産の相続の希望、遺品について
*家族についてや、やっておきたいことなど

などです。

重い話ですが、聞いておかねばなりません。
実際去年、緊急搬送され助かるかどうかもちょっと微妙だったので、弟は焦ったようです。
はぁ…。
父だけでなく、母のも聞いておかねば。
翌日もう一度電話をし、母と話しました。
私「お母さん、昨日お父さんに言ったんだけど、あの紙に書いてあったこと、お母さん本人のこともちゃんと書いといてくれるかな?」
母「あ~。お父さんに聞いたわ。どこに紙やったかな?まあ、書いとくわ。ははは」
私「…。」

本当に大丈夫かよ?そんな不安を感じながらお盆の帰省へ。

長くなるので、話し合いについては続きます。



センスネーゼの王でも頑張っております。
ポチっとランキングの応援お願いします。「片づけ」の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
 読んでくれてありがとうございます。

[PR]
by torizoh | 2016-09-05 16:40 | 片付け | Comments(0)