明るいあした torizoh.exblog.jp

センスネーゼの王。イケてなくても生きていく!


by torizoh
プロフィールを見る
画像一覧

<   2016年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「鋼の錬金術師」を甥っ子に貸してもらい全部読んだのは去年のこと。
で、実写化されると聞いて滅茶苦茶ショックを受けてしまいました。ありえんっ!!
あのキャスティングは何ですの?無理がありますわ、いろいろと。あれは架空の外国設定じゃないかね?アルはどうするの?
それに大佐はミッチーやろー(笑)
とにかくあの漫画の実写って厳しいと思うのだけど。そんな漫画が多いですけどね(笑)。
おばちゃんまた読みたいから漫画貸して~と、次に帰ったら甥っ子にお願いしようかと思ったのであります。

さて、実家つながりでもう一つ。3月に帰った時の話。

姪はこの春から小学生になります。
実家の隣に弟の家があり、親がいない時はじーちゃんばーちゃんに孫は面倒を見てもらっています。3月に帰った時、さすがに甥っ子の荷物は片付いていました。以前はちょっとした段ボールほどの大きさの籠を各1つずつ、いや二つだったよーな、まあそれくらい物が溢れていたのです。それがなくなっていて(多少まだあるけど)びっくり(笑)
姪の分はまだしっかりありました。ひとつおもちゃ籠がなくなっていたけれど。
実家の奥行がそこそこあるチェストの棚を、自分でしっかり1つ確保した保育園児。
そこには絵本がぎゅうぎゅう詰めで、おもちゃも上から押しこんでいるような状態パンパンでした。
今まで片付かなかった甥っ子の荷物が綺麗に無くなっていたのでこれに便乗しようと、私は姪にこの棚を片付ける提案をしました。
もちろん親じゃないので勝手に捨てたりしません。

小学校に行くとまたいろんなものが増えるね。でも、今までの物を整理しないと新しい物が入れられないよ。
つきましてはここにあるものは自分ちに持っていってちょうだい。
そしてごみと思うものは捨てようね、と。
もちろん母親(義妹)立会いのもとです。

新しく小学校での物が置けないのが嫌だったのか、姪は取り組んでくれました。
まずは物を全部取り出す。そしてきれいに拭く。そこでオバちゃん褒めまくりましたよ。
すごい、すごーい、キレイーー!!上手に出来たーー、って(笑)。
そしているものいらない物、単純なゴミとに分ける。
そこで義妹登場で、上のようなことを言いいました。

あれだけたくさんの物を詰め込んでいたのに、子供って判断するときは早いなと思いました。
少し悩んでも、要らないとすぐに言えるのです。
特に子供(赤ちゃん)の本は自分のレベルを卒業するのがわかりやすいのか、要らない、と。
その中できれいな本は友達の子供にあげると義妹が言うので、それはまた分けました。
でも悩むものもあるみたいで、それは要るものと一緒に「自分ちに持っていってね」とお願いしました(笑)
姪がごみだと判断したものは、チラシの裏に描いた絵や工作だったり(紙を丸めてテープを貼った物など)どっか部品がなくなったおもちゃだったり。空箱だったり、と割とわかりやすい。

全部出してスッキリ何もない棚の状態は、どうも不満そう。
なので「またたくさん新しいものが入るからなるべく空けておこう。でも本とおもちゃそれぞれ3つだけ入れてもいいよー」というと、それは嬉々としてすぐに選び出しました。
それにも驚きました。子供の判断ってすごいと。
その3つを選ぶのも大人じゃそれはいらんだろう、と思うのをチョイスするんです。
それは大人と子供の違いか、個人の感性の違いかわかりませんが、とにかく驚きの連続でした。
姪はきれいにしたこと、自分で選んだこと、褒められたことでご機嫌でした。
自宅用になった本やおもちゃは母親(義妹)が抱えて持って帰り、ついでに「あとでおうちも整理しよう」と誘ってました(笑)

そろそろあの棚はパンパンに復活してるかもしれないですが(笑)。
あと甥っ子の荷物も復活してたりして…。

子どもの判断力の素早さに、オバちゃん驚かされちょっと羨ましくもあり、また自分も頑張らねばと思った話でした。


センスネーゼの王でも頑張っております。
ポチっとランキングの応援お願いします。「片づけ」の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
 読んでくれてありがとうございます。

[PR]
by torizoh | 2016-05-24 17:17 | 片付け | Comments(0)
話は3月の末。
実家に帰りました。
毎回家に帰ると「捨てよう」「捨てない」で親子で一悶着あるのですが、今回はもう一つ突っ込んでしまいました。
所謂「終活」ってやつです。
あれを私は提案しました。
今回は弟にも「こういうことを親に言いたい、お前も聞いておきたいだろう?」と仲間に入れ(笑)、先に母にはそれとなく話し、諸悪の根源・最難関の父には紙に書いて渡す暴挙に出ました。もちろん帰るという前日くらいに(笑)。

夜中に紙に書いて食卓の机の上に置いたのですが、朝方まあ~聞こえる聞こえる父の怒りの声…。母は一生懸命フォローしてくれていました。ここで出たらまずいと思い、しばらく顔は出さずにおりました。
話の内容が漏れ聞こえて、私が心配していること、何があってもおかしくない年齢・状況のこと(去年の夏、父は死にかけている)、その時わからずに困ったことなどを母は再度フォローしながら話てくれ、父もまあしぶしぶ納得しているようでした。

結果父は、5月の連休くらいまでに私が書いた項目について返事を書いておく、と。
穏やかに話してくれましたよ。
…ちなみに連休は実家に帰っておりません(笑)
さぁ~て、父は書いてくれているのでしょうか…。

ただ紙を見て父は「何か困ったことがあるか!」と怒っていましたが、大ありでした。
あーた、あの時死んでたら、私たち家族はどこに必要な書類があるのか全く分からないし、ずっと困ってると思うんですけどね、って言ってやりたかったです(笑)
そんで命が助かって、少し安定したころ病室で「オークションがな…」って言われるとは思わなかったですもの!

別に財産を狙ったり、個人情報満載のパソコンのパスワードが知りたいわけではありません。それにかかわる手続きが昔と比べてずっと複雑で本人じゃないとできないこともあるわけで、少しでもそのことに気が付いて自分で整理したり、万が一の時はわかりやすくしておいてほしいということなんですね。
あと、自分も年々体力が落ちていくのを感じはじめたので、まだできるうちに「やりたいことやっておきたい・しなければいけないことはしておきたい」そんな気持ちが強くなってきたこともあります。

親と「終活」について話すのは本当に大変なことです。デリケートな問題です。
だけど、聞いておきたいことはいろいろあるはず。
元気なうちに。
単に財産や諸々の手続の必要事項だけじゃなく、母の得意料理の味付けとか、一緒に行きたい場所とか、見たいもの食べたいもの等も、たわいもないと思っていたことも大事になってくると思うと、ちょっと寂しかったりします。

まあ当分はまだバトルは続くでしょうが、おとん、せっかく生き延びたのだから楽しくやろうよ、仲良くなっ!

同時に私自身もいろいろ整理しないといけないことが、山積みです。はぁ…


センスネーゼの王でも頑張っております。
ポチっとランキングの応援お願いします。「片づけ」の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
 読んでくれてありがとうございます。

[PR]
by torizoh | 2016-05-19 12:29 | 片付け | Comments(2)

洗濯・掃除覚書

近頃物忘れがひどい。というか、思い出せない。
何がひどいかって、口元まで言葉は来ているのに「あれ」「それ」が具体的に何なのか言葉が出てこない。とにかく酷い。まだそこまでの年にはなってないと思うのだけど、今でこの状態だと先が思いやられる。
自分でもかなりまずいと心配になって、旦那に「もしかして、もうボケてるかもしれない。面倒見て」と言ってしまうくらいなのだ。
この状態を少しでもよくできるよう、頭を使うよう、やっぱり何か書いておこう。
・・・というわけで、誰も読まないブログをまた自分のボケ防止のために書きます。
(長い前振り)


春~秋の間に大物の洗濯や大掃除をすることにしています。
冬はやっぱり寒いし、汚れも落ちにくいし、何より洗濯物が乾きません。
年に数回、いつ頃やったか(あるいはいつ頃すればいいか)頭の中で計算し計画を立ててやるのですが、果て前回はいつやったか?
今回もその疑問がちょっとわいてきました。まずいです。ちゃんと記録しておこう。
4月の終わりから5月の連休の間に、こたつ布団、カーテン窓周辺掃除全部と、ラグを洗いました。それまでに冬物の服、小物(マフラー手袋)も洗濯しました。
そして、なんと「これを洗っていいか?洗えるのか?」というラグまでも洗ってしまいました。
f0116173_13211912.jpg
後には引けぬ、シャワーの水かけ状態。


ラグというか絨毯というか。
硬くて折れ曲がりません。メイドイン・ターキー。
素材はポリプロピレン。失敗してもまあいいか。吸水性はないので、水で汚れを流す感じで洗えばいいんだー。と、ラグを立てかけた状態で(写真は寝かせ気味ですが)、熱めのお湯をかけ石けんを泡立てて汚れを流す感じで洗いました。今回はいつもやる「踏み踏み」はありません。
暫く立てかけて水を切り、ぼたぼたと水を落としながらベランダに干すこと2日。
お天気がよくカラッとした空気の時期に洗うべきものだと思いました。
でも、端っこがなかなか水が切れず困りましたが…。

とにかく洗濯、洗濯、洗濯!を中心にやりながら、「件の点検」警報機点検ですね、あれも無事終わりました。あとは半年後にまた焦りながら点検を迎えるんだわ。

覚書:カーテンフックが1つなかった。前回洗った時、先が割れてしまって捨てたような気がする。フック一つだけ買えればいいのだけど、10個セットはいらないなぁ…。
以前たくさんフックばっかりあって捨ててしまったが、たまに必要に迫られることもあるんだと感じました。が、決してたくさん残してはいけない。
最近また徐々に物が繁殖しつつある…要注意。
いや、物は勝手に増えないんですよ。ええ…私のせいです。


センスネーゼの王でも頑張っております。
ポチっとランキングの応援お願いします。「片づけ」の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
 読んでくれてありがとうございます。






[PR]
by torizoh | 2016-05-18 13:40 | 片付け | Comments(0)