明るいあした torizoh.exblog.jp

センスネーゼの王。イケてなくても生きていく!


by torizoh
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:おかんあーと( 2 )

私の趣味は今は主に次の4つです。

1:読書
2:美術館・博物館めぐり
3:旅行
4:おかんあーと

1~3は説明しなくてもみなさんお分かりだと思いますが、問題は4番のおかんあーと。
なんですかそれは?と思われる方もいらっしゃるでしょう。

説明すると、私がそう呼んでいる手芸・裁縫のことです。
おかん(母親)が作るような微妙なセンスでこれまた微妙な出来具合の作品を言います。そこが普通の手芸・裁縫とは違うところです(笑)。加えて私の場合技術もイマイチです。
しかし、なにより作ることが楽しい。なので意味もなく役に立たないものをたくさん作ることもあります。また、作る前はうまくできると思い込んで(実際は全く違うものが出来上がる)人様に差し上げる押し付ける約束をしちゃうこともあります。自分では一生懸命作ったつもりでも仕上がりはイヤゲ物という、ちょっともらうと迷惑なクオリティの品だったりするんですが。
なるべく人様には押し付けないようにしていますが、作ることが楽しくて時々ハイテンションになって渡してしまい、後から冷や汗ダラダラなこともあります。
そんなこともありますが、とにかく作るのが楽しくて趣味の一つになっています。

私の場合普段からたくさん作るというより、たま~に「気が向いたとき」に「神が降りてきた」としか言えない衝動に駆られて作るので、作品は多くないし、友達からは「作家先生」「あーちすと」と揶揄されています。

その自称「おかんあーちすと」の私が今作りたいものがあって、そろそろ神が降りて来ないかなーとやる気が起こるのを待っているのですが…

近頃は「あーちすと」よりも、「職人」としての活動が多い気がします。
もともと作る量が少ないので、数回「職人としての活動」があると、「あーちすと活動」をあっという間に上回ります。
ただし「職人」はそれなりの技術・クオリティが求められるので、そこが「おかんあーちすと」の私には非常に辛いところです。
その「職人」としてやることが多くなった理由は旦那です。

どういうわけか、破ったり穴をあけたり、糸を全部ほつれさせたり、ボタンが取れるのは当たり前、そんな問題を次々起こします。私の技量を知ったうえでこんな難問をいつもふっかけるのはどういうこと??
それがほとんど新しいスーツだったりするんです。
あるいはまだ状態がいいスーツとか。

新しいスーツだと仕方がないので(もったいない)頑張ってお直しをするわけです。ボタンつけくらいはいいんですけども、先日もこんな風にスーツのズボンをひっかけて破ってきました。
どうして?
f0116173_06062539.jpg
本人曰く、牛丼屋の椅子が出っ張りがありそこにポケットの部分が引っ掛かったみたいで「ビリっ」となったというのですが…オッサン気を付けて座ってよ。小学生じゃないんだから…。

これは直しようがありません。ですので捨てました。
新しくスーツを出したら、翌日、つつつーーーーと、上着の後ろのベンツの糸をほどいて帰ってきました。
それは纏りました。纏りました。夜なべして。
そのとき思ったんです。
「私、職人化してるかも」と。この試練がいつかおかんあーとに役立つ時が来るのかもしれない。来ないかもしれない。

修理は手に負えないこともありますが、「手入れ」することは物を大事にすることにつながるのかな、と思いました。旦那のスーツはケチ臭い理由で、「買ったばかりだからもったいない」というのが大きいですが(笑)。

冬物をしまう時毛玉をとって丁寧にブラシをかけると愛おしくなって、「来年も着たいからもうちょっと頑張って」と思ってしまう、そういう気持ち。少し心がほんわかします。(なんかブログが違ってる気がする)
ほつれを直したものは縫い目が目立たないようにと心がけるし、せっかく直したんだから丁寧に着ようと思ってしまいます。
…でもこれって、ものが多すぎると厳しいかも。

そう。私には無理。技術が追い付かないし、そんなお直しが増えても困ります。
つまりは物は少ないほうがいい、自分で管理できる範囲にすべき。これが言いたかった(笑)。

おかんあーとも、お直しも、自分の手をかけたものは不細工でも愛おしくなる。だから管理できるだけの量にしましょう。という話です。

あと、旦那に言いたい。どうしていつもそうなるの?
汚してきたり、ひっかけてきたり。多少は仕方ないし誰もがあると思うけど、毎回豪快すぎるわよ。


センスネーゼの王でも頑張っております。
ポチっとランキングの応援お願いします。「片づけ」の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
 読んでくれてありがとうございます。





 







[PR]
by torizoh | 2017-06-23 06:34 | おかんあーと | Comments(2)

春の創作と捨て

今日は風もなく日差しも暖か。
やっと春らしく感じます。桜の開花宣言の後の寒かったですね!

お久しぶりでございます。
以上のような理由で(どんな?)片づける気持ちはあったのだけど、寒くて何をするのも嫌だったこの1か月。家の中は片付いておりません。日々のお掃除どまりです。

それでも春に向けてやったこともあります。
それは「おかんあーと」です。
去年の11月の半ば過ぎ実家に帰った時のこと。母に片付けを手伝うと申し出ると、毎度のことながら「大丈夫、捨ててるから」と拒否られました。じゃあ服の整理でもとなった時、捨てるものはないけれどこれをどうにかしてほしいとお願いされました。

f0116173_14135014.jpg
このシャツの長さを直してほしいといわれました。前身頃を折っていますが、そのくらいの長さにしてほしいとのことです。
f0116173_14140060.jpg
折りたたんだ長さは8センチ…ちなみに腕もカフス分長いというのです。
袖はカフスなんですけど、おかーさま。
裾もカーブだし…。

母が何故私に頼むかというと、うちに「ミシンがあるから」だそうです。
私が学生の頃、母の古いミシンを処分して新しいのを私に買ってくれたのですが、その後母専用のミシンはありません。いや、正しくはミシンは実家にあるのです。
…え?なんか感じました??
ええ、そのミシン、オトン(父)が勝手にテレビショッピングで買いました。
「ミシン欲しいと言ってたな、買ったぞ」ってな具合。
母曰く「使い物にならない」ミシンだそーです。ズボンのすそ上げでもと思っても厚みが無理だと…。おい。
そのミシン捨てたいけど捨てられなくて(父の手前)、押し入れの奥に追いやられているのを私は知っています。

で、時々母から縫物の依頼がくるのですが、娘さんの技量を超えたリクエストがきます。
数か月寝かせておいたシャツですが、春になりシャツを着る季節になりました。
仕方ないので、図書館で本を借りて何とか取り組んでみました。

f0116173_14141435.jpg
3冊を見比べて調べました。ありがとう図書館!

f0116173_14181688.jpg
うまく比較ができないヘタな写真ですが、裾の形は違うのがわかると思います。
袖も5センチ短くしました。
因みにこのシャツはユニクロで1990円とかだったと思うのですが、調べたら裾直し、袖直し各2000円ですってよ!
お直し出したら本体より2倍の料金かかりますやん!

サラッと袖も直したと書きましたが、袖は無視しようかと思ったくらい最初はできる気がしませんでした。
3冊借りてうんうん言いながら、春も来たし閉め切りが来る~と頑張ったからできたのだと思います。

母はこのシャツが自分サイズにピッタリになって喜んでくれたのはいいのですが、「あれで型紙取って」とかおっさるんです。ええ、おっさる。
それ、絶対無理だから!
私もできることならそんなことがしたいよ、でも無理なのおかーさん。
私が作る簡単貫頭衣のすっぽりかぶるブラウスは不満らしい。
年を取ると首を隠したくなるので「襟があってちゃんと外にも出られる服がいい」っておっさる。
ノーカラーの服もたくさんお外に出られるのがありますよ、おかーさん。
娘のおかんあーと技術はとても低いですが、お外に出られるノーカラーの貫頭衣を作って送り付けてやりたいです。


おかんあーとの情熱はもう少し続きます。
f0116173_14185960.jpg
お出かけバッグ(爆)
買い物に行くとき財布や携帯を入れるだけのバッグですが、随分くたびれてきました。
ミズノさんで何かを買った時もらったんですね。サイズが合うからとお出かけに使う私のオサレ程度は知れています(笑)
私の好きな暑苦しい修造のミズノさんのバッグを捨てるのは忍びないのですが、新しいのを作ることにしました。
サイズはもう少し深さをプラスして製作しました。
f0116173_14191312.jpg
横幅は一緒ですが一回り大きく見えますね。折り畳みのカサも入りそうで、ますますお買い物バッグとして利用できます。暑苦しく使うわ!ミズノさん、今までありがとう~。


今度はおかんあーとバッグを捨てます。
f0116173_14183391.jpg
モフモフの冬用のバッグ。作る時毛が抜けて大変でした。
写りは悪いですが裏の方も丁寧に作った力作だったけど、モフモフの厚みでひっくり返す時うまくいかず、つなぎ目がぐちゃぐちゃになりイマイチの仕上がりになったしまった残念作。
f0116173_14184960.jpg
ちっちともきれいに見えないけれど、底にタックもとってあの頃は頑張るつもりでいたのですよ…(遠い目)

ダサダサのおかんアート作品を持っている私をどこかで見かけても、温かい目で見てくださいね。
一つ作っては捨て、またおかんあーとの情熱を燃やしたいと思います。
そして春に向けて少しは片付けもしたいと思います。



センスネーゼの王でも頑張っております。
ポチっとランキングの応援お願いします。「片づけ」の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
 読んでくれてありがとうございます。

[PR]
by torizoh | 2017-03-29 15:08 | おかんあーと | Comments(0)