明るいあした torizoh.exblog.jp

センスネーゼの王。イケてなくても生きていく!


by torizoh
プロフィールを見る
画像一覧

あーちすと と あーちざん 大量生産は無理

私の趣味は今は主に次の4つです。

1:読書
2:美術館・博物館めぐり
3:旅行
4:おかんあーと

1~3は説明しなくてもみなさんお分かりだと思いますが、問題は4番のおかんあーと。
なんですかそれは?と思われる方もいらっしゃるでしょう。

説明すると、私がそう呼んでいる手芸・裁縫のことです。
おかん(母親)が作るような微妙なセンスでこれまた微妙な出来具合の作品を言います。そこが普通の手芸・裁縫とは違うところです(笑)。加えて私の場合技術もイマイチです。
しかし、なにより作ることが楽しい。なので意味もなく役に立たないものをたくさん作ることもあります。また、作る前はうまくできると思い込んで(実際は全く違うものが出来上がる)人様に差し上げる押し付ける約束をしちゃうこともあります。自分では一生懸命作ったつもりでも仕上がりはイヤゲ物という、ちょっともらうと迷惑なクオリティの品だったりするんですが。
なるべく人様には押し付けないようにしていますが、作ることが楽しくて時々ハイテンションになって渡してしまい、後から冷や汗ダラダラなこともあります。
そんなこともありますが、とにかく作るのが楽しくて趣味の一つになっています。

私の場合普段からたくさん作るというより、たま~に「気が向いたとき」に「神が降りてきた」としか言えない衝動に駆られて作るので、作品は多くないし、友達からは「作家先生」「あーちすと」と揶揄されています。

その自称「おかんあーちすと」の私が今作りたいものがあって、そろそろ神が降りて来ないかなーとやる気が起こるのを待っているのですが…

近頃は「あーちすと」よりも、「職人」としての活動が多い気がします。
もともと作る量が少ないので、数回「職人としての活動」があると、「あーちすと活動」をあっという間に上回ります。
ただし「職人」はそれなりの技術・クオリティが求められるので、そこが「おかんあーちすと」の私には非常に辛いところです。
その「職人」としてやることが多くなった理由は旦那です。

どういうわけか、破ったり穴をあけたり、糸を全部ほつれさせたり、ボタンが取れるのは当たり前、そんな問題を次々起こします。私の技量を知ったうえでこんな難問をいつもふっかけるのはどういうこと??
それがほとんど新しいスーツだったりするんです。
あるいはまだ状態がいいスーツとか。

新しいスーツだと仕方がないので(もったいない)頑張ってお直しをするわけです。ボタンつけくらいはいいんですけども、先日もこんな風にスーツのズボンをひっかけて破ってきました。
どうして?
f0116173_06062539.jpg
本人曰く、牛丼屋の椅子が出っ張りがありそこにポケットの部分が引っ掛かったみたいで「ビリっ」となったというのですが…オッサン気を付けて座ってよ。小学生じゃないんだから…。

これは直しようがありません。ですので捨てました。
新しくスーツを出したら、翌日、つつつーーーーと、上着の後ろのベンツの糸をほどいて帰ってきました。
それは纏りました。纏りました。夜なべして。
そのとき思ったんです。
「私、職人化してるかも」と。この試練がいつかおかんあーとに役立つ時が来るのかもしれない。来ないかもしれない。

修理は手に負えないこともありますが、「手入れ」することは物を大事にすることにつながるのかな、と思いました。旦那のスーツはケチ臭い理由で、「買ったばかりだからもったいない」というのが大きいですが(笑)。

冬物をしまう時毛玉をとって丁寧にブラシをかけると愛おしくなって、「来年も着たいからもうちょっと頑張って」と思ってしまう、そういう気持ち。少し心がほんわかします。(なんかブログが違ってる気がする)
ほつれを直したものは縫い目が目立たないようにと心がけるし、せっかく直したんだから丁寧に着ようと思ってしまいます。
…でもこれって、ものが多すぎると厳しいかも。

そう。私には無理。技術が追い付かないし、そんなお直しが増えても困ります。
つまりは物は少ないほうがいい、自分で管理できる範囲にすべき。これが言いたかった(笑)。

おかんあーとも、お直しも、自分の手をかけたものは不細工でも愛おしくなる。だから管理できるだけの量にしましょう。という話です。

あと、旦那に言いたい。どうしていつもそうなるの?
汚してきたり、ひっかけてきたり。多少は仕方ないし誰もがあると思うけど、毎回豪快すぎるわよ。


センスネーゼの王でも頑張っております。
ポチっとランキングの応援お願いします。「片づけ」の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
 読んでくれてありがとうございます。





 







[PR]
Commented by nobu at 2017-06-23 16:20 x
こんにちは
先日のタンスの上の新聞の件といい、
今回のおかんあーと&職人といい、
torizoh様とあまりにも状況が似ていて
思わずコメントです。
一昨日は素敵な(たぶん)手提げ袋を作るアイディアを練りつつ、子どもの体操着の穴を数か所(もう捨てていいレベルですね)繕いました。
本当はレースとかリボンとかそんなものを縫いたいのですが・・・・・。
Commented by torizoh at 2017-06-24 10:34
nobuさん
コメントありがとうございます。
思わず読んでいて笑ってしまいました。同じだわ~(^^♪って。
スーツを纏りながら「『私には中学生のマヌケな息子がいて、部活でドロドロにするわ、スライディングで破ってくるわ、制服は友達とふざけて裂いてくるわ…はぁ』という気持ちやらないとやってられないわ~…」と、思いながらやっていたのです(笑)
私の裁縫技術は低いです。でも、世のお母さんたちはこうして職人として技術を磨いているんだなと思いました。
nobuさんも素敵な手提げ袋を是非作ってくださいね。
by torizoh | 2017-06-23 06:34 | おかんあーと | Comments(2)